カピバラくんレポート

学習向上サービス、美容系サービスについての記事を中心に書いています!

MENU

土浦花火大会までに知っておきたいこと!持ち物リストやオススメしたいことなど!!

スポンサーリンク

f:id:takaharayuuki7:20180928175716j:plain

 

目次

 

はじめに

皆さんこんにちは!カピバラです。

今回は間もなく開催される土浦花火大会についての記事です。

事前に知っておいて損はない情報を書いていくのでよかったら最後まで見てください~

 

 

土浦花火とは

土浦花火とは、茨城県土浦市で開催される花火大会で、日本三大花火大会の一つです。

時期外れの10月に開催されることから、多くの人が押し寄せるイベントとなっています。

打ち上げ数は二万発で、例年の人数は約70万人です。

 

第87回土浦花火大会の情報

打ち上げ日

2018年10月6日(土)

※雨天時:状況に応じて翌日・7日・8日・13日・14日のいずれかに延期(予定)

 

打ち上げ時刻

18:00~20:30

 

会場

茨城県土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋付近

JR常磐線土浦駅から徒歩30分(JR常磐線土浦駅からシャトルバスで10分)

 

常磐自動車道桜土浦ICから国道354号を経由し、国道6号を桜川橋方面へ車で5キロ。

無料駐車場(5000台)。一部有料あり。三時ごろにはほぼ満車。

 

4年目の私がオススメする行き方は??

私は車をお勧めします。

車で行ったら止めれるの?と疑問に思う方はいるかもしれませんが、花火大会主催者側が用意している駐車場以外に、近隣の飲食店が駐車場を有料で貸し出しています。

少し割高ですが(3000円くらい)楽に止められると思います。

 

公共交通機関を用いた場合何が大変かというと、やはり帰りです。

帰りは約7万人が一斉に帰るのです。

数字を見れば一目瞭然、かなり渋滞します笑

 

電車はホームが人でいっぱいのため、電車に乗るのにもかなり時間がかかりますし(規制されている)、乗ってからも人混みの中での電車なのできついです。

 

また、バスを用いると、まずバスに乗るのにかなり時間がかかります。

しかも終バスが割と早く、終バスを逃してしまうと変えることができなくなってしまう可能性があります。

そのうえ、道路が渋滞しているので、混んでいるバスの中で長い時間じっとしていないといけません。

 

そこで私は車を提案しています。

帰りは確かに渋滞しますが、車の中で座ることが保証されていることから、電車やバスよりも心地が良いでしょう。

また、駐車場付近は人の量がマシになっており、人混みが苦手な人にとっては良いと思います。

 

去年の辛い話。

去年はバスで土浦花火大会に行きました。

帰りはバスで帰るつもりでいました。

花火大会が終わり、土浦駅まで長いこと歩き、やっと着いたと思ったらバス停の前に人の長蛇の列。

しかも、時刻表によると最終のバス??

結局最終バスではなく、残り二つくらいあったので列に並びました。

やっとバスに乗れたと思い、安心していましたが、そこから地獄の渋滞が待っていました。

ほんとになかなか進まない。

しかも、バスはいろいろな方向に寄り道し、結局これ以上誰も乗ることができないバス停ごとにとまるので余計に時間がかかる。

そのうえ、バスの中で、渋滞により何時に筑波駅に着くか分からないというアナウンスがありました。

そこで、私たちは歩くことを決意しました。

結局歩いた私たちよりも少し先にバスが目的地に着いた様子でしたが、あの人混みのバスに長時間いるのも体調が悪くなっていたと思います。

 

つまり、ここで学んだことは、

バスを乗るなら土浦駅から。ということ。

土浦駅以外からは混んでいて乗れませんよ。

私はたまたま土浦駅から乗ったので良かったけど…

また、バスで行くことはよくない。ということでした。

 

必要物品

  • ケータイ
  • 財布
  • ケータイの充電器
  • スーパーの袋(ゴミ捨て用)
  • 薬(酔い止めや赤玉など)
  • ウェットティッシュ(トイレに水がないかもだから)
  • レジャーシート
  • タオル
  • 折りたたみ傘など
  • おにぎりなどの軽食
  • 羽織れるもの
  • 虫よけスプレーやムヒなど

 

最後に

皆さんいかがでしたか??

花火大会としては楽しみ火と思いますが、人混みという戦場へ行くということを忘れないように!

最悪コンビニで買えばいいやなんて通用しませんよ!

想像以上に人がたくさんいるので。

完全な準備で臨みましょう!

そして今年最後の大きな花火大会を全力で楽しみましょう!!

 

では~~